ベセルナクリームの副作用

ベセルナクリームの副作用について

 

 

ベセルナクリームの副作用はどのようなものがありますか?


 

 

主な副作用は、赤み、ただれ、かゆみ、痛みです。
いわゆる皮膚の炎症によって引き起こる副作用ですね。


 

 

どれくらいの確率で副作用が発症するのですか?


 

 

臨床データによれば、被験者の約83%が副作用を訴えています。


 

 

え、8割も!?
ベセルナクリームを使うのが怖くなってきました。


 

 

ただ、副作用といっても、ほとんどは軽度なものですよ。
少し赤くなって、ヒリヒリするくらいです。
現在、コンジローマ治療にはベセルナクリームが最も効果があるとされていますし、
こればかりは、やむを得ないと思いますよ。
ちなみに、おくすり110番にも同じようなことが書かれてあります。


ほとんどの人で、発赤やびらん、表皮の剥離、浮腫、痛みやカユミなどを伴う皮膚反応が起こります。
これらは、ある意味、効果のあかしでイボや角化皮膚が消失する治癒の過程でもありますから、ある程度はやむおえません。

 

 

なるほど。
たしかに、効果がある分、副作用をともなうのは仕方ないですよね。
あまり過剰に反応せず、じっくり治療に取り組んでいきたいと思います。


 

 

>>ベセルナクリーム通販はこちら